ABOUT

真言アイロニー

ABOUTメインイメージ

神戸市西区に位置する真言宗御室派寺院「宝珠寺」。十七世住職・平井尊士(ひらい そんし・たかし)は2017年12月23日、享年51歳という若さでこの世を去りました。

彼は僧侶として真言宗の祖「空海」の教義に従い、自己満足では決してなく常に他者の幸福を願い苦しみを取り除くという心(利他心)を根底とし、多くの先師よりその教えを受け継ぎ活動してきました。同時に大学教授という肩書を持ち、日本語日本文学科の教鞭をとり、多くの学生をはじめ、教師・職員からも多大な信頼を得ていました。彼の早すぎる突然の死に、人生に彼に係った多くの人々は驚きそして悲しみを隠し得ませんでした。彼の多忙で活動的な半生は、彼を慕う者には親身に接し、人生の指針を与え、強いカリスマ性と大きな影響力を持っており、まさに「生き急いだ」感がしてなりません。その反面、エキセントリックで豪放磊落な性格はその場の笑いを誘ったり、周りを焦燥させたりすることもしばしばでした。

そんな彼が残した偉大な業績、功績、人柄、残された最愛の妻「葵」さんへの想い、そして彼によって人生の指針を見つけたばかりの監督:石原ひなた(illi237)が後世に伝えるべく映画化することによって風化させないという考えから有志が集い、ここに平井が残した「縁」が生まれました。

「腹減った~」そう思いながら、 真言宗梵天山 宝珠寺の代十七世住職「平井尊士」は通夜で読経していた。通夜式を仕切るのは前勤務先の教え子。現在は僧侶として多忙な傍ら、有名女子大学の教授として教鞭も取り、妻「葵」と多忙ながらも幸せな日々を送っていた。

彼の突然の死によって彼を取り巻く人間、一生出会うことのないはずだった人間たちがさまざまな形で関わっていく。

彼のいた過去、彼のいない現在、そして彼が残した「未来=縁」。
彼はぼくたちに何を残したのか ― 。

2017年12月23日平井尊士死去(享年51歳)